授業をつくるTV

このブログでは,youtube「授業をつくるTV」と連動して,子どもと教師,子ども同士のやり取りから,授業の姿やそれを作り出す教師の思いを考えていきます。

日々から感じたこと

AI(人工知能)によって変わる教育...今,僕たちは何ができるのか…

Human Phone 話題の小説として紹介されていた「R帝国」。 読んでみて,はっとさせられた部分がありました。 未来を描いた物語の中で,人々のツールとして描かれていたのは,「HP」という携帯電話。AIを搭載した携帯電話です。(HP=Human Phone) R帝国 作者:…

「個」を大事にした学び合いはできないか!?

MAX40人学級... 今年度は,5年生MAX40人学級です。 例えば,算数の時間。 「分からない」と手が止まっている子どもがいたとします。 2~3人は丁寧に対応することができたとしても,その人数が増えると,教師一人では対応することが難しくなります。 …

悩み過ぎずに前を向く教師の考え方

教師の悩みはつきません。 学級では,子ども同士の問題が起こったり,子どもたちとの関係がうまく行かなくなったりと,いろいろなことが起こります。 そのようなときは,今,起きている問題に対して,「どうすればよくなるのか」考え続けることが大切だと思…

子どもの主体性は2つある。

最近,「子どもの主体性」は,2つあるのではないかと思うのです。 Ⅰ【授業中のやり取りによって,教師が引き出していく主体性】 この主体性は,教師と子ども,双方のやり取りで生まれます。 授業中のやり取りによって,子どもに「あれっ?えっ?」「どうい…

久しぶりの投稿

昨日,久しぶりに前任校の皆さんと飲み,(ああ,いいなぁ)と思いながら,時を過ごしました。 その職場で,初任で入ってきた教え甲斐のある後輩(男性)と,同学年を組んだ後輩(女性)が結婚することになり,幸せな姿を見て(よかったなぁ)と心から思いま…